TEL 080-6058-0502FAX 0235-23-2252
※ホームページからのご依頼、またはお電話でのご依頼をお願いします。
自分の強み

投稿日:

『あなたの強みは何ですか?』

自己PRの確立に結び付ける工程で

いつも尋ねる言葉です。

自己理解から、自己分析を経て、

自己肯定感に出逢えたら、

それが自己PRに自然と繋がります。

日本人は奥ゆかしく、自分の事を自慢したりせず

謙遜する文化があったりします。すごくもったいないです。

自分自身にも、自分を必要としてくれる人にも…

自分が提供できるかもしれない事を開示しなければ、

せっかくの才能も陽の目を見るチャンスに出会えません。

それを、必要としている方のお役に立てずに終わってしまわないように。

 

産業カウンセラーと、キャリアコンサルタント。

この2つには、相反する役割があります。

産業カウンセラーは、傾聴に徹します。

クライエントの話に耳を傾け、

その方の中にある答えに自らが気づいてもらえるような関わりをする。

アドバイスなどの助言や、指導は行わず、

とても長丁場になる事もありますが、

クライエントが自発的に答えを見つけ出すまで寄り添う、

マラソンの伴走者のような存在。

一方で、キャリアコンサルタントは、

その方のお役に立つ情報や、アドバイスを提供します。

クライエントが勇気を出して1歩踏み出せるようなサポートをします。

ゴールを決める為のアシスト役のような存在。

こんな風に、クライエントの状態や、望んでいる事に対して、

カウンセラーとキャリアコンサルタントの、

どちらの顔で関わるか判断する必要があります。

今はとにかく自分の話を聴いて欲しいというクライエントに、

ぐいぐい背中を押したり、時期尚早の段階で情報を与えすぎても、

課題を理解したり、意思決定する事は困難です。

もちろん、今後の展望が、ある程度確立されている方への関わりは、

即キャリアコンサルタントとして対応します。

このように、目の前のクライエントが求めている事を把握して、

カウンセラーとしても、キャリアコンサルタントとしても、

臨機応変な対応が可能であることが、私の強みだと思っています。

自分の強みに気づく事で、自己肯定感が高まります。

そして、それは物事に取り組む意欲(モチベーション)や、

幸福度にも影響します。

自己肯定感をライフスタイルに取り入れる事で、

物事に対して積極的に取り組んでいく事が出来ますし、

相乗して幸福度も高まります✨

自己肯定感が低いと思われる方は

まずは、自分を誉めてあげる事から始めてほしいです🔰