ヴィーナスクラブ 庄内版
第2回目の「わたしが翔んだ日」の
ヴィーナストークを担当してくれる
Chime(チャイム)主宰のアートセラピスト阿部知香子さん

「明日のたね」さんで、打ち合わせをしました。


自身のこれまでを振り返り、自分史をまとめて来てくれた彼女は、
この話を引き受けるにあたり、とても迷い、
最も苦手としていた自己開示が不安でドキドキです・・・と言いながらも、
先月、私が涙ながらに話したのを聞いて、自身の気持ちがぐんぐん揺れたそうです。
今回、この件を打診されたのは、知香子さんの中で絶妙なタイミングであり、
コンプレックスの塊の私だからこそ、同じような気持ちの人に、
何かを伝えられるものがあるかもしれないと覚悟を決めてくれました。

そんな風に語る知香子さんの瞳は、キラキラ眩しくて、
発起人の伊藤と齋藤も嬉しくて、たまりませんでした!!
アートセラピストだけに、言葉に色彩が感じられる表現をされるのも彼女の魅力です。
そんな彼女らしさを、ふんだんに織り込んだ、
彼女ならではの「わたしが翔んだ日」
阿部知香子さんのターニングポイントを披露いただけるのは、とっても楽しみです♬