TEL 080-6058-0502FAX 0235-23-2252
※ホームページからのご依頼、またはお電話でのご依頼をお願いします。
座る位置で決まる勝敗

投稿日:

会議などで、自分の意見が通らないのに、言ってる事はほとんど違わない同僚や後輩の意見が通り、思わず小首をかしげてしまう事はありませんか。
それは、決してあなたの言ってる内容に問題があるのではなく、ひょっとしたら、座る位置を間違えている事が原因かもしれません。

アメリカの心理学者スティンザーが、50年もの間、多くの会議を観察し続けた研究結果、興味深い事を発見しました。
それは、相手の正面に座るか、横に座るかにより、同調されやすさが決定的に異なるというのです。
①向かい合った人とは、相手の発言に反論しがちである。
②横に座った人には、同調しがちである。
というのです。
嘘のような単純明快な結論に感じますが、これが非常に当たると言われています。彼の名前からこの現象を『スティンザー効果』と呼ばれています。
心理学用語には、創設した学者の名前がついているので、よくあるルーツです。

それではなぜかと言うと、 正面に座った人とは、どうしても視線がぶつかります。無意識に対抗心が生じて『この人には負けたくない』という心理的感情が沸き上がり、必要以上に反対意見を言ってしまい、真っ向勝負になりがちだと言われています。

一方で、横に座った人とは、意識的にそうしない限り、目を合わせる事はない為、隣の人の表情をうかがい知る事もなく、話すことに集中出来るので、フランクに聞き入れてくれるというのです。

という事は、ここぞという大事な会議の席では、スティンザー効果をうまく応用し、自分の味方を正面に配置するという戦略を図れます。
視線がぶつかる敵の正面に座っては不利になるという事を知っておく事で、その会議を征するか否かが決まってきます。
予め、意見が敵対しやすい相手が予想されるのであれば、その人の隣の『同調ポジション』に座ってしまうのがベストという事です。

ビジネスに活用出来る心理学、お役に立てたでしょうか。