TEL 080-6058-0502FAX 0235-23-2252
※ホームページからのご依頼、またはお電話でのご依頼をお願いします。
オランダへようこそ

投稿日:

「オランダへようこそ」

私はよく障がいを持つ子を育てるって、どんな感じか聞かれることがあります。
障がい児を育てるというユニークな体験をしたことがない人が理解できるように、
どんな感じか想像できるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つことは、すてきな旅行の計画をすることに似ています。
そう、旅行先はイタリア。
ガイドブックをどっさり買い込み、現地での素敵な計画を立てます。
ローマのコロッセオ。ミケランジェロのダビデ像。
ベニスのゴンドラ。
簡単なイタリア語を覚えるかもしれません。それは、どれも
ワクワクすることです。

そして、期待を胸いっぱいに、数ヶ月後、待ちに待ったその日がやってきます。
カバンに荷物を詰め込み、さあ出発です。
数時間後、飛行機が着陸します。スチュワーデスがやって来て、告げるのです。
「オランダへようこそ」と。

「オランダですって?」とあなたは驚き聞き返します。
「オランダってどういうこと?私はイタリアへ行くはずだったのよ!
これまでずっと私はイタリアを夢見て来たのに!」
しかし、飛行計画が変更になったのです。
オランダへ着陸したのです。
あなたはそこに滞在しなければならないのです。

ここで考えて欲しいのは、あなたが連れてこれらた場所は、
疫病や、飢餓や、病気が蔓延する、恐ろしく、ひどく、ゾッとするような所ではないという事です。
ただ、そこは、ちょっと違う場所なのです。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに外に出て行かなくちゃいけません。
それから、新しい言葉も覚えなくちゃいけません。
そうすれば、あなたはこれまで出逢ったことのない人々と出逢うことでしょう。

ちょっと違う場所へ来ただけなのです。
イタリアに比べて、時はゆっくりと過ぎていき、イタリアのような華やかさはありません。
でもしばらくここにいて、深く息を吸い込んで、周りをみわたすと・・・
オランダには風車があることに気がつきます。
そして、チューリップにも気がつきます。
そして、オランダにはレンブラントの絵もあることに気がつくでしょう。

でも、あなたの知人たちは、イタリアに行ったり来たりでせわしなくしていて、
皆イタリアでどんなに素敵な時を過ごしてきたかを自慢するのです。
そして、あなたはこの先もずっと「そうなの、イタリアは私も行くはずだった場所なの。
私が計画していたのはイタリア行きだったの。」と、言い続けるでしょう。

イタリアへ行けなかった痛みは決して消えることのないものでしょう。
なぜなら、失った夢はあまりにも大きすぎるからです。

しかし、イタリアに行けなかったことをこの先もずっと嘆いていたら、
オランダの素晴らしさや、美しさを心から楽しむことは決してできないでしょう。

 

12月22日のコウノドリの中で紹介された、ダウン症のお子さんのお母さんである
エミリー・パール・キングスレーさんが1987年に書かれた詩だそうです。
私も、オランダで降ろされた、イタリアを夢見ていた旅人だったのかもしれません。
でも、今はイタリアもオランダも知っています。
イタリアでも、オランダでも、「こんなはずじゃなかった」はつきものです。
他の旅人の話を聴いて、羨ましかったりする事もよくあります。
幸せは測れないので、自分が幸せだと思えばそれだけで丸儲け。
我が家は、娘がいてくれるだけで、出産前には予想もしていなかった
エキセントリックで、ウルトラハッピーな旅の真っ最中です。